PromQLを理解する

PromQLを理解する

PromQLクエリ言語の概要

Course Description

PromQLはPrometheusのコア機能の1つであり、時系列の強力な分析と処理を可能にします。 QLは名前に含まれていますが、SQLとは関係ありません。リレーショナル代数は、多次元時系列での一般的な計算ではうまく機能しません。構文的には、PromQLはC言語ファミリの式に最も近いものです。

このコースでは、PromQLの各コンポーネントを順番に見ていき、実際のユースケースを構築します。このコースはPrometheus 2.0を対象としていますが、ほとんどの内容は古いバージョンにも適用されます。

 ここでは、Prometheus、Node Exporter、promQLメトリクスシミュレータを使用した環境設定を準備しました。 右ペインのPrometheusウィンドウで理論を練習できます。クエリーを実行すると、Prometheusはメトリクスを自動補完するので、提供されているセットに沿って自由に探索してください。

目次

  1. トレーニング環境について
  2. PromQL理論:セレクター
    • 式のタイプ
    • ベクトルと範囲ベクトル
    • セレクター
    • セレクターセーフティ
    • インスタントベクトルの古さ
    • 範囲ベクトル
    • いつから?
    • 演習:セレクターを使用する
  3. PromQL理論:関数
    • 機能
    • 数学関数
    • クランピング
    • タイムスタンプ
    • 時間と日付
    • ゲージ範囲ベクトル
    • カウンター範囲ベクトル
    • 時間をまたがる集計
    • サブクエリ
    • ヒストグラム
    • タイプの切り替え
    • ラベルの変更
    • 並べ替え
    • 欠損値
    • その他の機能
    • クイズ
  4. アグリゲーターとオペレーター
    • アグリゲーター
    • 出力ラベルの選択
    • 演算子
    • 計算
    • 単純な二項演算子マッチング
    • 時系列のマッチング
    • 多対一
    • 比較演算子
    • ブール対フィルタリング
    • 論理演算子/セット演算子
    • クイズ
  5. 実際のPromQL
    • 理論から実践へ -P romQLの一般的なクエリパターン
    • 集計時の落とし穴
    • マシンの役割ラベル
    • メトリクスからのしきい値
    • アラート条件の組み合わせ
    • 大きなメトリクスを見つける
  6. PromQLへのアクセス
    • PromQLへのアクセス
    • HTTP API
    • クエリ範囲計算モデル
    • 1日のデータを調整する
    • レコーディングルール
    • いつルールを使用するのですか?
    • ルールの命名
    • ルールの使用
    • アンチパターンのルール

前提条件

ここでは、Prometheus、Node Exporter、PromQLメトリクスシミュレーターを使用した環境設定を準備しました。また、このコースの前にPrometheusデータモデルコースの受講ををお勧めします。

クレジット

このコースは、Robust Perceptionが開発したコースに基づいており、許可を得て使用されています。 PrometheusとPromQLの詳細については、Robust PerceptionのBrian Brazilによる「Prometheus:Up&Running」を参照してください。

Curriculum

  • PromQLを理解する
  • Next Steps
  • A 1 minute survey
  • What's next?

Course Description

PromQLはPrometheusのコア機能の1つであり、時系列の強力な分析と処理を可能にします。 QLは名前に含まれていますが、SQLとは関係ありません。リレーショナル代数は、多次元時系列での一般的な計算ではうまく機能しません。構文的には、PromQLはC言語ファミリの式に最も近いものです。

このコースでは、PromQLの各コンポーネントを順番に見ていき、実際のユースケースを構築します。このコースはPrometheus 2.0を対象としていますが、ほとんどの内容は古いバージョンにも適用されます。

 ここでは、Prometheus、Node Exporter、promQLメトリクスシミュレータを使用した環境設定を準備しました。 右ペインのPrometheusウィンドウで理論を練習できます。クエリーを実行すると、Prometheusはメトリクスを自動補完するので、提供されているセットに沿って自由に探索してください。

目次

  1. トレーニング環境について
  2. PromQL理論:セレクター
    • 式のタイプ
    • ベクトルと範囲ベクトル
    • セレクター
    • セレクターセーフティ
    • インスタントベクトルの古さ
    • 範囲ベクトル
    • いつから?
    • 演習:セレクターを使用する
  3. PromQL理論:関数
    • 機能
    • 数学関数
    • クランピング
    • タイムスタンプ
    • 時間と日付
    • ゲージ範囲ベクトル
    • カウンター範囲ベクトル
    • 時間をまたがる集計
    • サブクエリ
    • ヒストグラム
    • タイプの切り替え
    • ラベルの変更
    • 並べ替え
    • 欠損値
    • その他の機能
    • クイズ
  4. アグリゲーターとオペレーター
    • アグリゲーター
    • 出力ラベルの選択
    • 演算子
    • 計算
    • 単純な二項演算子マッチング
    • 時系列のマッチング
    • 多対一
    • 比較演算子
    • ブール対フィルタリング
    • 論理演算子/セット演算子
    • クイズ
  5. 実際のPromQL
    • 理論から実践へ -P romQLの一般的なクエリパターン
    • 集計時の落とし穴
    • マシンの役割ラベル
    • メトリクスからのしきい値
    • アラート条件の組み合わせ
    • 大きなメトリクスを見つける
  6. PromQLへのアクセス
    • PromQLへのアクセス
    • HTTP API
    • クエリ範囲計算モデル
    • 1日のデータを調整する
    • レコーディングルール
    • いつルールを使用するのですか?
    • ルールの命名
    • ルールの使用
    • アンチパターンのルール

前提条件

ここでは、Prometheus、Node Exporter、PromQLメトリクスシミュレーターを使用した環境設定を準備しました。また、このコースの前にPrometheusデータモデルコースの受講ををお勧めします。

クレジット

このコースは、Robust Perceptionが開発したコースに基づいており、許可を得て使用されています。 PrometheusとPromQLの詳細については、Robust PerceptionのBrian Brazilによる「Prometheus:Up&Running」を参照してください。

Curriculum

  • PromQLを理解する
  • Next Steps
  • A 1 minute survey
  • What's next?