キャプチャーを使用してコンテナ化されたアプリをトラブルシューティング

キャプチャーを使用してコンテナ化されたアプリをトラブルシューティング

Docker化されたアプリは開発者のラップトップでうまく機能しますが、Kubernetesにデプロイするとエラーが発生します

コース説明

このシナリオでは、チケットトークンジェネレーターのサンプルマイクロサービスアプリをKubernetesにデプロイします。

アプリには3つのサービスと4つのコンテナがあります。クライアント、バランサー、サーバー(2):

  • クライアントは定期的に新しいチケットトークンを要求します。
  • ロードバランサーは、HAproxyを使用してサーバー経由でHTTPリクエストを分散します。
  • サーバーは、リクエストごとに一意のチケットトークンを生成する簡単なサンプルPythonアプリケーションを実行します。

しかし、このアプリには問題があります。Dockerを使用する開発者のラップトップでうまく機能しますが、Kubernetes本番環境にデプロイすると、同じイメージが一部の502 HTTPエラーをトリガーします。

ゴール

  • Sysdigモニターを使用してマイクロサービスアプリケーションを探索します。
    • クラスターにはノードとコンテナがいくつありますか?
    • 各コンテナはどこで実行されていますか?
    • このマイクロサービスアプリケーションはどのように機能しますか?
    • どのサービスが互いに通信しますか?
    • 各コンテナとマイクロサービスの内部で何が実行されていますか?
  • Webサービスアプリケーションを監視します。主要なメトリクスとモニタリングアプローチ:ゴールデンシグナル、USEリソースモニタリング、Kubernetesオーケストレーション。
  • 障害点を特定し、アラートを作成してこれらのエラー状態を検出します。
  • SysdigキャプチャーとSysdig Inspectを使用して、システムコールの詳細を調べ、syscallトレースを使用してトラブルシューティングを行います。このラボでは、HTTPのやり取りを追跡し、502 HTTPエラーの原因となっている不具合の正確な場所を特定できます。

必要な知識

受講者は、マイクロサービスアプリケーション、コンテナ、Kubernetesの基本概念を理解している必要があります。デプロイされたリソース(ポッド、デプロイメント、サービス)とノードのステータスを確認できます。

カリキュラム

  • キャプチャーを使用してコンテナ化されたアプリをトラブルシューティング
  • ネクストステップ
  • A 1 minute survey
  • 次は何ですか?

コース説明

このシナリオでは、チケットトークンジェネレーターのサンプルマイクロサービスアプリをKubernetesにデプロイします。

アプリには3つのサービスと4つのコンテナがあります。クライアント、バランサー、サーバー(2):

  • クライアントは定期的に新しいチケットトークンを要求します。
  • ロードバランサーは、HAproxyを使用してサーバー経由でHTTPリクエストを分散します。
  • サーバーは、リクエストごとに一意のチケットトークンを生成する簡単なサンプルPythonアプリケーションを実行します。

しかし、このアプリには問題があります。Dockerを使用する開発者のラップトップでうまく機能しますが、Kubernetes本番環境にデプロイすると、同じイメージが一部の502 HTTPエラーをトリガーします。

ゴール

  • Sysdigモニターを使用してマイクロサービスアプリケーションを探索します。
    • クラスターにはノードとコンテナがいくつありますか?
    • 各コンテナはどこで実行されていますか?
    • このマイクロサービスアプリケーションはどのように機能しますか?
    • どのサービスが互いに通信しますか?
    • 各コンテナとマイクロサービスの内部で何が実行されていますか?
  • Webサービスアプリケーションを監視します。主要なメトリクスとモニタリングアプローチ:ゴールデンシグナル、USEリソースモニタリング、Kubernetesオーケストレーション。
  • 障害点を特定し、アラートを作成してこれらのエラー状態を検出します。
  • SysdigキャプチャーとSysdig Inspectを使用して、システムコールの詳細を調べ、syscallトレースを使用してトラブルシューティングを行います。このラボでは、HTTPのやり取りを追跡し、502 HTTPエラーの原因となっている不具合の正確な場所を特定できます。

必要な知識

受講者は、マイクロサービスアプリケーション、コンテナ、Kubernetesの基本概念を理解している必要があります。デプロイされたリソース(ポッド、デプロイメント、サービス)とノードのステータスを確認できます。

カリキュラム

  • キャプチャーを使用してコンテナ化されたアプリをトラブルシューティング
  • ネクストステップ
  • A 1 minute survey
  • 次は何ですか?